漢方医学

更年期障害

  1. HOME >
  2. 漢方医学 >

更年期障害

閉経前後に「更年期障害」に悩まされる女性は多くおられますが、婦人科に関連した症状に関しては(月経がだらだらと出る、ほてりがあるなど)、婦人科を受診されている方はおられますが、それ以外の症状に関しては、どこを受診したらよいかがわからない方が多いようです。

私は、梅田にあるクリニックで「漢方外来」をしておりますが、「顔面のほてり」「首から上に汗が出て止まらない(少し歩いた後など。夏も冬も)。その後に汗で体が冷えてしまう」「足が冷たい」などのような「冷えのぼせ」の症状で悩まされている方を、よく見かけます。体格が良い方も、やせている方もこのような症状に悩まされます。

では、「更年期障害」の根本原因はどこにあるのでしょうか?単に女性ホルモンのアンバランスと安易に決めつけて、女性ホルモンの補充をするのは理想的ではありません。人間は、「生老病死」という自然な摂理の中で生きており、加齢とともに体の各臓器の機能が低下していきます。女性の場合の老化現象は、外見的な衰えとともに、やがて月経が止まり閉経を迎えることで実感することは多いようです。このように、「老化現象」の一つとして「閉経」をとらえると、女性ホルモンが減少するのは当たり前で、アンバランスが起こるのも自然なことです。つまり、足りない「女性ホルモン」を補うことで、目の前で起こっている不自然な症状を改善させるのは一つの方法ではあるが、ある意味では体にとって自然でやさしい方法ではないような気がします。漢方医学は、すべての老化の背後には「腎(全ての生命力を宿している)虚」があると考えており、「閉経」を含めた諸々の老化に伴う症状の改善(加齢をソフトランディングする)には、「腎虚」を改善する生薬を使うのが理想とされています。

「更年期障害」を例に、「腎虚」を考えてみると、「腎」の機能、つまり骨格、生殖器系を含めた下半身の機能の衰えにより、上半身とのアンバランスが生じて、「顔のほてり」「顔面に汗をかく」「頭がぼーとする」「頭がふらっとする」「血圧が高くなる」「イライラする」などのような、上半身がメインの不快な症状が現れやすいのです。この基本的な見極めができていれば、あとは患者さんの「体質」と「胃腸」機能などに応じて、使う生薬の組み合わせを選択するだけでよいのです。

私は、「冷えのぼせ」や「顔面から汗が噴き出る」、「高血圧」などに症状を有する患者さんに対して、「滋陰至宝湯」を軸に他の漢方薬を加えたりして使用していますが、多くの方からびっくりするようなうれしいご報告をいただいております。前記の症状が、1~2か月程度で改善しただけでなく、それらに付随したいくつかの不快な症状も短期間に改善しております。漢方を処方し、悩まされている症状だけでなく、その方のQOLが全般的に改善するのを診させていただけるのは、本当にうれしいことです。

 

 

-漢方医学

0